ダイゴさんの展覧会を無事に終えて10日。
振り返れば、企画開始からあっという間の半年。会期が始まってあっという間の10日間で、あっという間に過ぎ去っていった10月。終わってしまいました…。

ダイゴさんの描いた絵を通して、人と人とがつながっていく素敵な瞬間をそばで見させてもらったことはもちろんですが、同時に、企画に携わる者として知恵を働かせていくこと、小さなことでも最後まで心意気を添えていくという大切な経験もできて、ほんとうに全部ひっくるめて、今までにない心踊る日々を過ごせたんだと、展覧会を終えて少し時間を置いた今、ようやくこうして言葉にすることができています。忘れられないタカラモノのような時間になったことが幸せであります。

ゼロから立ち上げていくこと、それをやり切っていく経験を与えてくれたヤマモトダイゴさんと、楽しくて素敵な出会い系(笑)の場を提供してくれたsenkiyaのみなさんには、ほんとうに感謝の気持ちしかなくて…ありがとうございます♡

ダイゴさんの絵は多くは語らない。
だからこそ、シンプルでゆるやかな“ 線 ”と、そこに添えられた“ 色 ”を自分の中で最大限に感じられるのだと思うのです。

これからの展開にワクワクしつつ、ツナガルこと、ツナグことで新しい価値を生み出していくことに奔走していきたいと、星の絵に願いを込めて思った次第…✴︎